第38回北信越国体を観戦しました。

10月の愛媛国体を目指して、熱い戦いが福井県で繰り広げられました。

25(金)~26日(土)に新体操の競技があり、残念ながら26日の団体戦のみの観戦になりました。
写真を撮ることができなくて残念でした。
各県いずれもすばらしい演技を繰り出していました。

富山県は惜しくも団体3位、総合でも3位ということで国体を逃す結果になりました。
しかし、個人のリボンで中井望葵さんが1位になりました。おめでとうございます。
(詳しい成績は、新体操大会成績でご覧ください。)

 

26(土)~27日(日)は体操競技の少年男女、青年男女が熱戦を繰り広げました。成績はこちらです。
少年男子の写真です。(つり輪で、若狭康佑選手の写真がメインですが・・・。)
         

奥の方で女子が平均台を頑張っています。

個人では、若狭君が圧倒的な力で5種目を制し個人総合優勝に輝きました。おめでとうございます。
  

 

続いて成年男子の競技です。(ランダムに写真掲載になりました。)

上位2チームに肉薄していたのですが残念ながら総合3位という結果になりました。

体操競技各種別の顔ぶれです。

左から少年男子、少年女子、成年男子です。

新体操・体操競技共々健闘しました。選手、監督、コーチの皆さんご苦労様でした。
また、審判の皆さんや県内役員および応援の方々も暑い中ご苦労様でした。

来年は、福井国体です、
北信越での開催になりますので、ぜひ参加できるように今回の結果を踏まえて大きく前進して欲しいと願っています。

コメントは受け付けていません。