第31回 北信越国体 体操競技の部

去る8月28(土),29(日)に北信越国民体育大会 体操競技・新体操競技が行われました。
皆様ご存じのとおり、この大会は今年千葉県で行われる国民大会の予選となっています。

少年男子・成年男女の各予選(少年女子は予選無しの年です。)が行われ、白熱した試合展開でした。

結果、少年男子ではインターハイ団体優勝の鯖江高校がダントツ、貫禄の試合展開でもちろん優勝。
富山県は3位に入り、本国体の切符(新体操女子も本国体出場です。)を手にしました。

選手はもちろん実力を発揮くれました。、それと同時に、裏方の県内役員も数度の会合を経て大会運営に臨みました。
参加の各県の方々には多々不満はあると思いますが、私たち役員としては満足の大会として終了することができたと自負しております。


これは前日の作業風景です。本部の部屋ですが、この他にも各場面で皆さん意欲的に働いていました。

5年に一度の北信越国体ですが、次の機会にもそつなく大会運営等ができればと願っています。

コメントは受け付けていません。